企業のビジョンと個人の夢を同期、共振する秘訣がここにあります!

お客様と目的を共有し、チームとなって、最高の成果を生み出すことが使命です。
チームの成果を最大化するためには、LEADERの養成が重要です。
職制によらず、誰もがLEADERとして考動する組織(チーム)こそ、
環境変化に適応し、ゴールを達成できると確信しました。
一人ひとりが自律した考え方と考動力を発揮できる。
組織の方向性(ビジョン)と個人の思い(夢)を合わせることで、
共振現象を起こせます。つまり、チームの成果を最大化できる基盤が作れます。 

 

 

What's new?

■講演会

 日本イノベーションクラブ

 6月20日18時から

「イノベーションを叶える洞察力セミナー」~見えない問題を見抜く力をつける~


1.趣旨 ビジネスでイノベーションを起こすために必要な 洞察力を発揮するためのポイントを学ぶセミナーです。 生産性の向上のために、目に見える問題を解決するのではなく 目に見えない問題を見抜く力に焦点を当てています。 変化を起こす人を目指している人におすすめです。

2.ゴール ①日経新聞などの経済情報に情報アンテナを張る ②好奇心を持ち、自ら情報を収集する ③関連するものを繋いで考える(類推力) 3.見えない問題を見抜く力を高める ①成功体験を捨てる・認知バイアスを外せる ②十分な経験を積む ③ポジティブに考える ④遊び心が伴った推論(ファンタジック・アプローチ

 

■これまでの実績

企業内セミナー

一部上場企業のSIerさま

チーム力向上研修

12月5日、2月6日

リーダー6名と直属のメンバー6名で

12名のクラス編成で実施しました。

 

目的
・これまでの経験、仕事を振返り、自分の持ち味を再確認し、本来の自分の持ち味を発揮することで、
 お客さまから「頼りになるITエンジニア(業務SE)」として認められる存在になる。
・リーダーには、メンバーの持ち味を引き出し、発揮してもらうエンパワーメントを強化する。

 

受講者の声:

Aさん
この研修内容は是非、これからチームメンバーを率いていく人に受けてもらい、
チームをよくするためきっかけにしてもらいたい。
ワークが多く、(参加型)改めて自分が目指すリーダー像を考え直させられました。
密度が濃く、得るものが多かったです。


Bさん
リーダーとしての心構えややるべきことなどを再確認することが出来た。
本来のリーダーとして在るべき姿を学ぶことが出来た。
今後の業務でのチーム活動で生かすようにしたい。


Cさん
お客様とのコミュニケーションは、先んじて行い、良好であるつもりでいたが、
もう一歩踏み込んで、仕事が広がるようにしていきたい。感応道交をヒントにしたい。


Dさん
発想、視点、メンバーとの協力など体験を通した研修で分かり易かった。

 

 

公開セミナー:

セルフプロデュース力強化研修

趣旨:大きな器は収容力も大きい。他社(者)との交流を通じて、人間力を磨くことで、現在の「器の大きさ」に気づき、今後一回り大きな器をつくるきっかけを提供する。
焦点:ポジティブマインド(達成思考、可能思考)の醸成と思いやり型LEADERを体験する。
概要:2017年11月から2018年1月に、毎月1回(第2、3木曜を予定)1日研修を提供しました。

 

参加決定企業:

①株式会社野村総合研究所

②東洋エンジニアリング株式会社

ほか

 

第1回:11月9日
自分を内省して、自分の軸を確認し共感力を高める

第2回:12月14日
新たな課題に挑戦し、自己開示力を高める

第3回:1月18日
思いやり型LEADERで、人間力を磨く

 

第1回研修

自分を内省して、自分の軸を確認し、共感力を高める

 

参加者の声:

Aさん「一風変わった研修だなあと思う。研修の中で体を動かすのは初めてで面白いな。やってみて、いかに人を見て感じてるかって。いかに自分が人をみてないか、感じてないか分かったので、変えていきたい。人間関係やコミュニケーションって、人を見るということだなと思った。」

 

Bさん「自分のことを今まで研修で考えることはなかった。何を大事にしてきたのか。そういうのがないと仕事は楽しくないなと。それがあって初めて、人を尊重できるのかなと思う。」

 

Cさん「普段、仕事をしていると、お客様やシステムのことは考えるけど、自分のことを振り返ることってなくて、明日から仕事に活かせると思った。」

 

第2回研修 新しい課題に挑戦し、発信力を高める

 

参加者の声:

Aさん

前回もそうでしたが、期待を超える楽しさ、気持ちの昂ぶり、やる気の湧く研修でした。チャレンジシートもハッタリを入れつつ、自分が驚くような変化を期待できるような目標を入れたいと思います。いや入れます!

 

Bさん

自分の殻を破りたいと思っている人には強く勧めたいと思います。 覚醒には体力、気力が必要だと思いました。

 

Cさん

人前で話す人に聞いて欲しい。我が社にはここが苦手な人が多くできていないので

 

第3回研修 思いやり型リーダーで人間力を磨く

 

Aさん

他者を巻き込み自由な発想が出来るやり方や考え方を学べました。 職種関係なくリーダーに必要な考え方を学べとても良かったです。

 

Bさん

2回目、3回目は普段会えない立場の方からレクチャーを受けることができ、良い刺激になりました。異業種交流という側面もあったので、もう少し参加者が多くても良いかと思いました。マインドに加え、直ぐに使えるセルフプロデュースのテクニックも多くあり、速効性もある研修だと思いました。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

会社概要

商号 株式会社 レゾナンス
(RESONANCE INC.)
本社所在地 〒270-2214
千葉県松戸市松飛台167番地の3
設立 2017年3月

 

業務内容
1.営業部門に関する教育ならびにコンサルティング

2.営業サポート部門に関する教育ならびにコンサルティング 

3.マーケティング教育およびコンサルティング4.経営幹部、管理者、一般従業員教育

5.前各号に附帯または関連する一切の業務
決算日 12月31日

代表取締役 石田英司

代表ご挨拶

 

 

レゾナンス代表の石田英司です。

陸上自衛隊の教官を皮切りに、教育研修サービスに関わってきました。
情理を尽くして相手に貢献する時、人は感動して動く。
これを研修サービスとして提供したいと起業しました。

サムエル・ウルマンの青春をモットーに
研修・コーチ・コンサルティングをしています。

逞しい意志、溢れる創造力、燃える情熱で
皆さまのご期待に応えます。

■経  歴■
1984年 防衛大学校 卒業(国際関係論専攻)
 陸自幹部自衛官として、
第八師団(熊本)、需品教導隊(松戸)にて、小隊長、教官、需品科(補給職種)新隊員教育隊長など 歴任
1992年 株式会社富士ゼロックス総合教育研究所(FXLI) 入社
「営業」兼「研修インストラクター」として勤務
2002年 外資系ITベンダ(ベイシス・テクノロジー)にてセールス・マネージャー
2004年 ワールド・ビジネス・ブレイン(WBB)入社 教育プロデューサーとして「営業」兼「研修講師」を担当
2014年1月 「自衛隊式最強のリーダーシップ」KADOKAWAより出版
2014年 レゾナンス代表 行動実践学として、実行力、突破力を発揮できる社員育成を指向中
2016年 思いやり型リーダーを共著で発表
2017年3月 株式会社レゾナンスを創業、最高の成果を獲得できるチームづくりに全力で貢献中

 

 



セルフプロデュース力強化研修   11月スタート

12月14日演劇ワークショップ担当:森健太郎講師

セルフプロデュース力強化研修

 

趣旨:大きな器は収容力も大きい。他社(者)との交流を通じて、人間力を磨くことで、現在の「器の大きさ」に気づき、今後一回り大きな器をつくるきっかけを提供する。
焦点:ポジティブマインド(達成思考、可能思考)の醸成と思いやり型LEADERを体験する。
概要:2017年11月から2018年1月に、毎月1回(第2、3木曜を予定)1日研修を企画提供します。

第1回 11月9日 

ねらい:自分を内省して、自分軸を確認し、共感力を高める。

 

研修内容:

1.現状を正しく認識する
2.自分軸を確認する
3.共感力を高める

 体感型ワークショップ(書道ワークショップほか)

 

期待効果:

気づき力高めることができます。

 

 

 

第2回 12月14日

ねらい:新たな課題に挑戦し、自己開示力を高める

 

研修内容:

1.活動レビュー
2.発信力に磨きをかける
3.チームビルディング
4.演劇ワークショップ

劇団四季OBで、御座船安宅丸を率いる森健太郎氏を講師に招き、演劇ワークショップ(午後3時間)に参加頂きます。

 

期待効果:限界を決めているのは内なる自分であることに気づく

 

第3回 1月18日

ねらい:思いやり型LEADERで、人間力を磨く

 

研修内容:

1. 活動レビュー
2. 思いやり型LEADER
3. ラップアップ/コミット宣言

 

期待効果:

思いやり型LEADER体験で、受容力を高めていただけます。